HOME  > コンテンツ  > 特定労働者派遣の基礎  > 派遣受入期間の制限

派遣受入期間の制限

§派遣受入期間とは?

  労働者派遣法では、受入対象業務により受入期間に制限を定めています。この期間は原則1年、又は一定の条件のもと最長3年となっています。特に、物の製造業務では平成19年3月に最長3年に延長されたため、来る21年3月以降に期限が到来し、その後は受入を中止するか、直接雇用に切り替えるかなどの対応が必要となります。

※)業務別の派遣受入期間の制限
業務の種類 受入れることができる期間
(1) (2)〜(7)以外の業務 最長3年まで(※1)
(2) ソフトウエア開発等の政令で定める業務「26業務」 制限なし
(3) いわゆる3年以内の「有期プロジェクト」業務 プロジェクト期限内は制限なし
(4) 日数限定業務(※2 制限なし
(5) 産前産後休業、育児休業等を取得する労働者の業務 制限なし
(6) 介護休業等を取得する労働者の業務 制限なし
(7) 製造業務(※3) 最長3年まで(※1)

(※1)1年を超える派遣を受けようとする場合は、派遣先の労働者の過半数で組織する労働組合等に対し、派遣を受けようとする業務、期間及び開始予定時期を通知し、十分な考慮期間を設けた上で意見聴取を行うことが必要です。

(※2)その業務が1箇月間に行われる日数が、派遣先の通常の労働者の所定労働日数の半分以下かつ10日以下の業務が該当します。

(※3)製造業務で、かつ、(2)〜(6)の業務に該当する場合は、(2)〜(6)が適用されます。

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
労働者派遣事業の適用除外業務(派遣禁止業務)
カテゴリートップ
特定労働者派遣の基礎
次
26業務

menu

特定労働者派遣事業の開業/届出/申請で失敗しない方法。届出 登録 変更 申請 開業 手続き 代行 費用 外国人の派遣 会社設立

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士