HOME  > コンテンツ  > 特定労働者派遣事業のメリット

特定労働者派遣事業のメリット・デメリット

§特定労働者派遣事業のメリットとは?

特定労働者派遣事業は一般労働者派遣事業の許可制とは違い、届出制なので受理されしだい派遣事業を開始できる。

特定労働者派遣事業の届出の場合、財産的要件を満たす必要がない。

事務所の広さに関する要件がない。

派遣元責任者講習を必ずしも受講する必要はない。

収入印紙代や登録免許税がいらないため、初期費用を抑えることができる。

請負契約等から、労働者派遣契約への切り替えがしやすい。

§特定労働者派遣事業のデメリットとは?

特定労働者派遣事業では、契約期間の定めのない、自社で雇用している者(常用雇用労働者)の派遣しかできない。

無料相談・ご依頼

電話での無料相談・ご依頼(月曜から土曜9:00から18:00)
フリーダイヤル:0120-979-783(平日9:00から18:00)
18時以降/土日祝日はこちら:090-4217-0072
メールでの無料相談・ご依頼(24時間受付)
FAXでのご依頼(月曜から日曜9:00から21:00)
友達に伝える
前
特定労働者派遣事業開業の流れ
カテゴリートップ
TOP
次
特定労働者派遣と一般労働者派遣の違い

menu

特定労働者派遣事業の開業/届出/申請で失敗しない方法。届出 登録 変更 申請 開業 手続き 代行 費用 外国人の派遣 会社設立

Copyright (C) 2009 行政書士 em plus 法務事務所. All Rights Reserved.

代表 和田 基樹
行政書士登録番号 08300758
兵庫県行政書士会会員 申請取次行政書士